靴選びのコンサルタント、シューフィット・神戸屋の西村泰紀です

先月取材いただいた靴選びのポイントについて、9月30日付日本経済新聞土曜日版NIKKEIプラス1 すっきり生活で記事にしていただけました

新聞の場合、事前に記事内容は教えていただけません

だから、取材を受けた私も、どのような記事になるのか全く分からず、こわごわ紙面を拝見した次第です^^

トップの写真は弊店ではありませんでした(残念^^)

させていただいたことは全てを記事にしていただけるわけもなく、もう少し突っ込んでいただけたらなぁ、とは正直に思います

開張足への対応、非荷重での計測などは、次回以降のどこかの記事にしていただけないかなぁ、と期待しています^^

それでも、甲に指を入れて太さチェック、表現はふんわりですが、ボールジョイント(=足の曲がる位置)と靴が曲がる位置のチェックなど、これまであまり言われてこなかったことが書かれていたので、よかったです

靴が笑う、しわができることで、ボール位置(ボールジョイントと靴の曲がる位置)が合っているかのチェックする方法は、役に立つと思うのです

もう一つ、インソールの入れ方に一工夫すると、結構使えます、というお話しをさせていただきました

つま先方向に尖った方を入れることで、靴の中の指のスペースを確保しながら、サイズを調整する方法です

さすがに専門的というか、細かい話なので、チョロっとしか文字にできなかったのでしょうね

これ、詳しく解説するとセミナーができちゃうくらい奥が深いです

コロンブスさんのジェルインソールを、前後逆、左右逆にすると、調整幅の大きな、使い勝手の良いインソールになるのです

その使い方を含めて、市販のインソール活用術をセミナーでお伝えしています

10月14日(土)にキャンセルが出ました

1名様ですが、ご興味がある方はぜひ

10月5日(木)のセミナーはまだ7席余裕があります^^

【10/5開催】本では書ききれなかった、自分でできる中敷き調整 『市販のインソール活用術』

【10/14開催】本では書ききれなかった、自分でできる中敷き調整 『市販のインソール活用術』