靴のコンサルタント「靴は売らない靴屋」

沿革

創業者 平野永太郎神戸屋製靴所(店)創業者の平野永太郎

1868年(慶応4年)神戸開港以来、外国人居留地などに住む外国人の靴の新調や修理を、当時の草履や鼻緒をつくる職人が従事したことに始まります。
1885年~1897年(明治17年~29年)頃、多くの日本人靴工が技術の向上や一攫千金を夢見て渡米し、本場の技術を日本に持ち帰りました。その中の一人“平野永太郎”は6年間の留学後、1895年(明治27年)に地元神戸にて“神戸屋製靴所(店)”を設立、アメリカ仕込みの技術を活かし、オリジナルの靴木型を開発しました。

 

 

“グッドイヤー式製靴機械”を使って製造を始めた、神戸屋製靴所の様子“グッドイヤー式製靴機械”を使って製造を始めた、神戸屋製靴所の様子

その高い技術を学ぶために、地方の靴職人たちが武者修行として集まり、こぞって技術を磨きました。神戸の靴工の技術力の高さから神戸の靴は、まず、高級紳士靴が発達し、大正時代には“神戸のブル型婦人靴(ブルドックの鼻のようにつま先が丸い婦人靴)”が人気を博したことから、「履きだおれ」のまち神戸として全国に名が広まります。また、靴への需要が高まる中、“神戸屋製靴所(店)”では“グッドイヤー式製靴機械”を日本で3番目の早さで導入、靴の量産への道を歩み出しました。

 

 

(明治30年)頃の神戸屋製靴所(店)と元町商店街景観
1898年(明治30年)頃の神戸屋製靴所(店)と元町商店街景観。看板には英語を使うなど、当時の外国人客を意識していたことが伺える。
神戸屋製靴所工員の集合写真日本全国から集まった、神戸屋製靴所工員の集合写真。中には技術を教えに来ていた外国人の姿も。
PAGETOP