靴のコンサルタント「靴は売らない靴屋」

〔甲が痛いお客さま〕甲が痛い、サイズが合わないビジネスシューズ

  • HOME »
  • 中敷調整事例 »
  • 〔甲が痛いお客さま〕甲が痛い、サイズが合わないビジネスシューズ

今日は珍しく、男性のお客さま

仕事の途中で、甲が痛くなって、店頭のメッセージを読んで相談に来ていただきました

以前書いた「前滑りしている、男性のお客さま」 の靴と同じようなタイプの、スワローモカというスリッポン

このタイプは、脱いだり履いたりが楽だから、履いている人が多いです

じつはこの靴、サイズをキッチリ合わせないと、履きこなすのが難しいです

甲の部分はゴムになっていますから、履くときは楽に履けます

しかし、甲を締め付ける力が弱いので、サイズが少しでも大きいと、前滑りをして、ベロが甲に当たったり、指が痛んだりしやすいのです

本来ならば、コロシと言って、土踏まずが絞り込んだデザインにしないと足に合わないのです

しかし、コロシを効かせた靴は、職人さんの腕の見せ所になる程、高い技術が要求されます

一般的なビジネスシューズの価格では、とても望めない高度な技術です

ハッキリ言えば、安かろう、悪かろうが、ハッキリ出てしまう靴なのです

結局、こちらのお客さまの中敷きの下には、調整用のパットを色々と組み合わせて、足の裏の状態に合わせて調整させていただきました


足の裏に合わせてパッドを組み合わせます

 

 

 

 

土踏まずが靴に当たるようにパッドを入れました

 

 

 

 

 

大きなサイズを調整し、さらに土踏まずがしっかり靴に当たるようにしました

脱げそうな、なんとなく頼りない感じがない

足裏が支えられている感じで、疲れなさそう

こんな感じはじめて

うわぁ、これ好きな感じ

お客さまの嬉しそうなお顔がいただけ、ホッとしました

女性だけではなく、男性も足のサイズに合った靴を履いていただきたいです

特に、外回りの方には、足に合った靴を履くことの大切さを、もっとお知らせしていきます

一日の疲れが全然違いますから!!

 

営業時間
平日;11:00~20:00
土日祝;10:30~19:00
定休日;火・水、または水・木
研修とマラソンシーズンの土日に臨時休業あり

中敷調整事例

PAGETOP