靴のコンサルタント「靴は売らない靴屋」

〔甲が痛いお客さま〕甲が痛い(バックベルトパンプスの中敷き調整 ケース;A.Tさま2)

  • HOME »
  • 中敷調整事例 »
  • 〔甲が痛いお客さま〕甲が痛い(バックベルトパンプスの中敷き調整 ケース;A.Tさま2)

踵がぐらつくセパレートパンプスを調整させていただいたA.Tさまのバックベルトパンプスです

セパレートパンプスの記事はこちらです → 「痛くなる靴の典型」

A.Tさまのお足の特徴はハイアーチ、開帳足気味、踵が小さい

そのため前滑りしやすい

これらの特徴を踏まえて、お持ちいただいたパンプスに対応したパッキンを設計します

前滑りを解消するようにパッキンを設計

 

 

 

 

中敷きの下にこれだけ詰め込むのは大変ですがチョットはみ出す部分をカバーして仕上げました

中敷調整完了!

 

 

 

 

正直、土踏まず部分の支えが弱くなりがちのデザインです

土踏まずパットも後ろ1/3位のところでツバメの尾羽のようなV字にカットしています

それでもないよりずっと楽に感じます

こうして、足の裏でしっかり靴にコンタクトすることで前滑りを防ぎ、合わせて荷重を分散し、楽な靴に変身させます

 

営業時間
平日;11:00~20:00
土日祝;10:30~19:00
定休日;火・水、または水・木
研修とマラソンシーズンの土日に臨時休業あり

中敷調整事例

PAGETOP