靴のコンサルタント「靴は売らない靴屋」

〔偏平足のお客さま〕〔小指が痛いお客さま〕開帳足で、幅が細い足のお客さま!?

  • HOME »
  • 中敷調整事例 »
  • 〔偏平足のお客さま〕〔小指が痛いお客さま〕開帳足で、幅が細い足のお客さま!?

昨日お越しいただいたお客さまのお話です

ご来店されて、「この靴見てほしいんですけど・・・」と、お出しになった箱を見て、チョットの緊張と、まさか!の予感が同時に襲ってきました

その箱は、足が細くて薄くて、履く靴がなかなか見つからないお客さまに、「デザイン的にはお気に召すものは見つけにくいと思いますが、サイズの展開が豊富なので、行ってみてはいかがですか」と、よくお勧めしているお店のもの

緊張の理由は、それでも合わないという、対処の仕方が難しいお足なのか・・・?

まさかの予感は、そのお店の商品が変わってしまているのか?はたまた、対応がいい加減なのか?

当たったのは、嫌な予感

ただし、商品ではなくて、対応のまずさの方でした

今回の記事は写真なしです、ゴメンナサイ

写真を出すと、どこなのかすぐ分かるのは、いかにも“アレ”なので、自粛しました

お客さまのお足は、左右で開帳足の度合いが違い、外反母趾の度合いも違うお足

片方の足の小指が当たるということで、3度調整したけど直らないので、もう二度とあそこでは買わないし、お店にも行きたくないとのこと

中敷をはがすと、何を狙った調整なのか解らない調整でした

痛くなる指の下の半敷きをカットして、小指の逃げ場を作ってあります

さらに、革を伸ばし、小指へのあたりを少なくしています

これは、小指が当たる時の基本的な対処の仕方ですが、お客さまの小指が当たる原因を無視した対応です

 

私自身もそうですが、開帳足の度合いが左右違うと、靴に対する足幅が左右違うことになります

その場合、開帳足で広くなった足の方の小指や甲が当たって痛くなるケースが多くなります

崩れてしまった横アーチを支えることが、開帳足の第一の調整なのですが、この靴には全くそれが行われていません

さらに、アーチパットの大きさ、高さ、位置が、お客さまの足の特徴に全く合っていません

むしろ不快感が出るだろうな、という位置にあります

「フットプリントはとりましたか?」

「いいえ、サイズを測っただけです」

???

サイズを測っただけにしても、お客さまのアーチの特徴くらい把握しないのかな??

土踏まずのアーチは人によってものすごく個性があります

長さ、アーチのピークの位置、ピークの高さ、母趾外転筋の大きさなどを観察して、アーチパットの種類、入れる位置を決めます

お客さまのアーチはチョット個性的でした

それすらも把握しないで、このアーチパットを入れたのか!?

なんだかとても残念な気持ちになりました

このお店の社長の理念は素晴らしく、私もいつか「靴も売る靴屋」になる時がきたならば、この社長の理念を追い越せるようになりたいと思っていました

しかし、どうやら現場では、十分に社長の理念が浸透していないようです

それとも、靴はお客さまの足に合って初めて商品になる、店頭に並んでいるときには、半完成品だ、ということを忘れてしまったのかもしれません

最近は、色々な企業とコラボ企画で靴を作り、通販で売りまくっているようですから

お客さまの足の特徴に合わせてアーチパットを入れ替え、開帳足で崩れた横アーチを支えるパットを入れさせていただくと、小指をのあたりはなくなりました

そうすると、靴に余裕ができてしまい、かかとが抜けます

そのためのサイズ調整が必要になります

靴に頼れる部分が多いのデザインなので、サイズ調整もすんなりと出来ました

「ワーこんな感じ始めて!これなら長く履いても大丈夫そう!!」と一番嬉しいい一言を聞かせていただけました

サイズ展開の豊富さで、ここの靴をはずすわけにはいかないのが現状です

価格も三万円前後とチョットお高め

お客さまへの個別対応力がダメなら、ダメで、調整なしで合えばラッキー、合わなければ、ゴメンナサイ、うちへ持ってきて調整しませんか?こんなご紹介の仕方に変えようかな・・・

 

営業時間
平日;11:00~20:00
土日祝;10:30~19:00
定休日;火・水、または水・木
研修とマラソンシーズンの土日に臨時休業あり

中敷調整事例

PAGETOP